除毛剤 危険性

除毛剤の危険性とは?

 

除毛剤,危険性

 

強力な効果でムダ毛を処理してくれる除毛剤ですが、危険性はないのか気になるところです。そして、基本的には安全に使えるように作られているものの、完全な無害とは言い切れない面もあります。

 

成分による危険性

 

除毛剤,危険性

 

除毛剤が効果を発揮するのは、チオグリコール酸カルシウムという成分が含まれているからですが、この成分はタンパク質を分解する働きを持っていますので、それによって除毛剤の効果を発揮します。

 

しかし、強力な働きを持つ成分ゆえに、人によってはアレルギー反応が出て肌にトラブルを起こしてしまうことがあるのです。特に、肌が乾燥していたり元々デリケートだったりすると、負担が圧し掛かりやすくなってしまうため、あまり肌が強くない人は使い方に注意した方が良いでしょう。

 

お肌も溶かすの?

 

除毛剤,危険性

 

除毛剤を使うことで、肌まで溶けてしまうと心配されることもあるようですが、これは少し大げさに言われている面があると言えます。確かに皮膚にダメージになるリスクもあるものの、肌を溶かすまでの効果は持っていません。

 

それほどまでに危険な効果がある物が販売されることはなく、きちんと検証された上で市販されています。したがって、肌を溶かすほどの効果はないものの、肌トラブルの原因にはなる可能性はあるアイテムと理解しておくのが良いと言えます。

毛深い人にも除毛剤は効果ある?

 

除毛剤,危険性

 

毛深い人も除毛剤の利用を考えているでしょう。問題は毛深い人にも効果があるのかという部分です。

 

市販品だと処理しにくい場合がある

 

除毛剤,危険性

 

基本的に、市販商品だと毛の薄い人なら問題ないですが、毛深い人だと処理しにくい場合があります。毛深いと毛穴までしっかり除去できないときがあるので、市販品よりも通販限定の商品がおすすめです。

 

特に、毛深い人は除毛効果が強くないと、あまり効果を期待できないときがあると言えるでしょう。

 

通販限定品がおすすめ

 

除毛剤,危険性

 

通販限定品はこだわって作っているものが多く、市販品よりも高い除毛効果を発揮してくれます。それだけでなく、保湿効果といった独自の成分も配合しているので安全に使えるのもメリットです。

 

肌に合わないという場合もあるのですが、そういうトラブルを考えて全額返金保証付きのものがおすすめと言えます。購入してもいまいち肌に合わないときに問い合わせをすると、返金に応じてくれるのが特徴です。これならリスクが少なく購入できるので、金銭面でも安全です。

 

市販品に比べると料金は若干高めで、2000円位から4000円位が相場となっています。ですが、価格が高いだけに安全に使え、毛穴の奥までしっかり除去してくれるので購入して損はないです。ドラッグストアに売っている商品で効果がないなら試してみるといいでしょう。

除毛剤の効果的な使い方とは

 

除毛剤,危険性

 

ただ単純に除毛剤を使うよりも、効果的に使う方法があります。知っておくと、さらに快適にムダ毛処理をする事ができるので、理解しておくといいでしょう。

 

事前にパッチテストを行う

 

除毛剤,危険性

 

本格的に使う前に、自分の肌に合っているのか確認したいときは、パッチテストをしてみると良いです。パッチテストは、少しだけクリームを取り出し手の甲の部分に乗せて試します。アレルギー反応があるのかどうかを確認できるので安全に使いたいときに役立つでしょう。

 

水で洗い流し、24時間ほど放置して経過を見てみます。赤みや炎症がないときは問題ないので使えるといった具合です。

 

除毛する部分を綺麗にする

 

除毛剤,危険性

 

脇部分を処理したいときのやり方は、タオルで脇の皮脂を取り除き、その後脇毛が隠れる程度のクリームを塗布します。大体10分放置してからペーパーで拭き取り水やお湯で洗い流すのが良いです。たくさん汗をかいている場合は蒸しタオルを使い汗を拭き取ります。

 

放置時間に注意する

 

除毛剤,危険性

 

除毛剤を胸につけるときは、あまり長い時間放置しては駄目です。大体5分を目安にして毛質に合わせて調整を行います。長時間付けていると肌へダメージが入ってしまうので気をつけましょう。髭の処理は保湿成分が配合されている物がよく、短時間で処理を行います。

 

特に、顔は他の部位と比べて皮膚が薄いので、長時間塗っておくのはベストではありません。

除毛剤を使うと毛が濃くなるの?

 

除毛剤,危険性

 

除毛剤を使うと、ムダ毛が濃くなってしまうという話を聞きます。これは、あくまで噂なので信憑性はないですが、本当のところはどうなのでしょうか。

 

除毛処理すると濃く見える理由

 

除毛剤,危険性

 

一般的に、自己処理をすると毛が濃くなると言われていますが、これはカミソリの処理が該当します。基本的に、カミソリは表面に出ている毛を処理するので、埋まっている毛は処理しきれないです。なので、太い毛の根元部分が残ってしまうのでムダ毛が濃くなったように錯覚してしまいます。

 

除毛剤では濃くなったように見えないの?

 

除毛剤,危険性

 

除毛剤は、カミソリとは違い根本から除去するので、太い部分が残らない仕様です。毛の断面部分の形が違うだけで、毛の根元部分はほぼ同じと言っていいでしょう。除毛クリームはカミソリと比べて溶かす仕様で毛穴が目立たないです。

 

なので、生えてきた毛は薄く見える仕様となっているので、毛が濃くなるということはありません。

 

また、体毛は基本的に年齢とともに濃くなっていくので、処理を途中でやめてしまったときに濃くなってしまったと錯覚してしまうのが原因と言えるでしょう。そして、一旦毛を処理してツルツルになっても、また生えてきたときに濃くなったと勘違いしてしまうだけなので、除毛剤を使うと毛が濃くなるというのは間違いと言えます。

デリーモ(deleMO)除毛剤のご購入はこちら!トップページへムダ毛が濃い方、脱毛サロンに行く暇がない方は、トップページでデリーモ(deleMO)除毛剤の詳細をチェックしてみてください。